白内障、翼状片、結膜弛緩症、眼瞼下垂、眼瞼内反、加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫



大 中     
文字サイズの変更↑     
> HOME   > 日帰り手術のご案内   > 白内障   

白内障

目の中のレンズ(水晶体)が濁った状態です。
加齢、外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病や神経疾患、ステロイド治療などで起こります。
手術を考える時期は、眼鏡を掛けても見えにくい、かすむなど気になった時です。
ただ、水晶体膨化により、前房が浅く、緑内障発作の可能性がある方は、見え方に関わらず、早めの手術をお勧めする場合があります。

cataract_1

手術で、濁った水晶体の中身を吸い取り、アクリル製の眼内レンズを入れます。

cataract_2

濁ったレンズが、透明なレンズとなるので、明るく見えるようになります。
レンズの度数により、近視だった方も裸眼で遠くが見易いピントに変えることが出来ます。
(その代わり、近くはピントが合いにくくなります。)
適応により、乱視矯正眼内レンズを使用します。
(全ての方の乱視が全くなくなるわけではありません。現状よりも乱視を減らすことが目標と考えて下さい。)
*網膜、神経、頭蓋内疾患がある場合、手術をしても視力向上が難しい場合があります。