白内障、翼状片、結膜弛緩症、眼瞼下垂、眼瞼内反、加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫



大 中     
文字サイズの変更↑     
> HOME   > 日帰り手術のご案内   > 眼瞼内反   

眼瞼内反

先天性、加齢、外傷、熱傷などにより、まぶたが内側に向いてしまった状態です。
まつ毛が黒目(角膜)に当たり、角膜に傷が出来てチクチク、ゴロゴロ、メヤニなどの症状が起きます。
時に、角膜潰瘍、角膜混濁の原因となります。
まつ毛を抜いても、すぐに同じように生えてしまう上、短いまつ毛は固く、余計に状態の悪化につながる場合がありますので、根本的な治療は手術となります。
術前
下のまぶたの多数のまつ毛が黒目に当たっています。
術後
手術で、まぶたを外側に向け、場合により毛根の除去も併用し、まつげが黒目に当たらないようにします。まつ毛1本が当たっているように見えますが、抜けたまつ毛です。
手術後は、1~2週間程度のまぶたの腫れ、皮下出血を伴いますが、徐々に吸収され、淡くなり消えていきます。