白内障、翼状片、結膜弛緩症、眼瞼下垂、眼瞼内反、加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫



大 中     
文字サイズの変更↑     
> HOME   > 日帰り手術のご案内   > 翼状片   

翼状片

pterygium_1

加齢、紫外線、外傷などにより、白目が黒目に覆い被さった状態です。
翼状片が瞳孔を隠してしまうと、当然見えなくなります。
また、翼状片は黒目(角膜)を引っ張るため、黒目の歪み(角膜乱視)の原因となります。

pterygium_2

手術で翼状片を取ることが出来ますが、黒目の濁り(角膜混濁)が残る場合があります。
そのため、翼状片が瞳孔を覆う前の手術が望ましいと考えます。
*翼状片は手術後に再発する可能性があります。
*手術後は、1~2週間程度の結膜下出血、結膜充血を伴いますが、徐々に吸収され、淡くなり消えていきます。結膜充血は数か月続く場合がありますが、問題なく徐々に薄くなります。